健康お役立ち情報|一般財団法人 健康医学予防協会

健康お役立ち情報

メタボ健診特集

2008年より、特定健康診査・特定保健指導がはじまりました。
「基本健康診査」は、平成20年4月1日から各医療保険者(健康保険証を発行している機関)が実施する「特定健康診査」「特定保健指導」に変わり、40歳から74歳の人を対象に、メタボリックシンドロームの予防・解消に重点をおいた、新しい健診・保健指導が実施されています。
これが「メタボ健診」とも呼ばれているのです。

自分は大丈夫!って思っていませんか?

メタボリック対策、「自分はまだ大丈夫!」って思っていませんか?
忘年会・新年会が重なる冬が終わって、もうすぐ送別会と歓迎会の季節でもある春が・・・油断していると簡単にベルトの穴が一つ、二つと広がっていってしまいます。
「成人男性の2人に1人、成人女性の5人に1人がメタボリック症候群の疑いがある」とのデータもあり、決して他人事ではありません。
メタボリック症候群は、ポッコリお腹がカッコ悪いだけではなく、脳卒中や心筋梗塞などを発病しやすくなると言われています。
気になっている方も、自分は大丈夫だと思っている方も、メタボリックに対する正しい知識を持ち、対策を学ぶ事が大切です。

メタボ健診特集

メタボリック症候群は何が原因なの?

メタボリック症候群最大の原因は、食べ過ぎ運動不足などの生活習慣だと言われています。
遺伝なども原因するとは言われますが、やはり正しい食生活や運動習慣、飲酒量や喫煙習慣を見直すことが予防と改善への近道となります。
そもそも脂肪には、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2種類があり、皮下脂肪は体温の低下を防いだり、内臓を衝撃から守ったりしています。
したがってメタボリック症候群の原因となる脂肪は「内臓脂肪」なのですが、食べ過ぎや栄養バランスの悪い食事が多かったり、朝食を抜くといった不健康な食習慣は、内臓脂肪を蓄積させる原因のひとつとなります。
その上慢性的な運動不足が続くと、消費するエネルギーよりも摂取するエネルギーの方が多くなり、余ったエネルギーが内臓脂肪として蓄積してしまうのです。

メタボ健診特集

メタボ健診(特定健診)をきっかけに、生活習慣を見直そう!

メタボ健診特集 このように、メタボリック健診(特定健康診査)でメタボリック症候群だと診断された方は特に、そうでない方ももちろん、これをよい機会として、動脈硬化や糖尿病、高血圧などの生活習慣病になる前にご自身の健康管理に目を向けてみてはいかがでしょうか。
内臓脂肪は、皮下脂肪よりも減りやすいと言われています。
メタボもしくはメタボ予備軍のうちにしっかりと保健指導を受けて、現在の良くない生活習慣を正し、健康な身体を手に入れましょう。
メタボ健診(特定健診)詳細ページへ

特定健診に関するお問い合わせ

  • 新潟健診プラザ
  • 東新潟健診プラザ
  • 長岡事業所
  • 下越巡回健診センター

ページトップへ