健康医学予防協会 CM|一般財団法人 健康医学予防協会

健康医学予防協会 CM

日本のすべての人のために。

都会暮らしでも、田舎暮らしでも、年が若くても、高齢であっても、
子供が何才でも、子供がいなくても、病気をした人でも、いまは元気でも、
もちろん、男性でも、女性でも。健康の大切さはすべての人に平等。

人間ドックや健康診断は、すべての人の味方であるという想いを
どこかの誰かの「特別な一日」を通してお伝えしていきます。

#03 「小さな旅篇」

  • 長尺CM
  • 60秒CM

CMコンセプト

小さな旅篇の主役は、離島の海辺の町に住む40代夫婦。漁師の夫と港で働く妻。お互いを想い合いながら日々を過ごしている。そんな二人にとって、揃って本島へ出かける人間ドックは、年に一度の楽しみな一日であり、その、変わらない絆を確認する一日なのです。

制作ストーリー

小さな旅篇は、新潟県の佐渡島で、長い月日を経て制作されました。佐渡の漁師さんや町に暮らす方々みなさんに温かく迎え入れていただき、全面協力をいただいたおかげで、佐渡に暮らす夫婦の自然な横顔や美しい風景、島に流れる優しい時間を切り取ることができたと思います。撮影の様子は、地元紙にも取り上げていただきました。

#02 「夢の人篇」

  • 長尺CM
  • 60秒CM

CMコンセプト

夢の人篇の主役は、小学校教師でありながら、登山家になるという夢を追いかけている女性。夢を追うためには、年齢や環境に負けない強い体と心が必要だから。彼女にとって、健康診断は今の自分と明日の自分を確認する特別な一日であるということを伝えます。

制作ストーリー

夢の人篇の撮影で過酷だったのは、雪山登山のシーン。
数々の山岳映画をコーディネートしたプロの山岳ガイドの方の指導を受けながら、スタッフ全員で機材を背負い、手にはストック、足にはアイゼン装着の登山靴という完全装備で、いざ雪山へ。近そうに見えて意外に遠い雪山を行ったり来たりしながら、雪山に立ち向かう彼女の力強い姿を映し出すことができました。

※劇中の白地図は、国土交通省国土地理院発行のものを使用しました。

#01 「山の父篇」

  • 長尺CM
  • 60秒CM

CMコンセプト

山の父篇の主役は、小さな町で林業に携わる男性。家族みんな、仕事や学校や家庭、それぞれの場所で頑張りながら、お互いの健康を想いやって毎日を暮しています。人間ドックは、健康チェックの日ということだけではなく、男性にとっても、家族にとっても、お互いの今とこれからを想い合う特別な一日なのです。

制作ストーリー

山の父篇の見どころは、男性の仕事場である森のシーン。
スタッフは機材を担ぎ、林業の方しか知らない山道を歩き続けるというハードな撮影を数日間行いました。その甲斐あって、ひと気のない山林で大木がなぎ倒される迫力のカットや鹿の親子が身を寄せ合うカットなど、映画でしか見られないような自然の生き生きとした表情を撮影することができました。

  • 新潟健診プラザ
  • 東新潟健診プラザ
  • 長岡事業所
  • 下越巡回健診センター

ページトップへ